SNSの基本!チャット活用術

SNSを成長の補助として活用する為に

コミュニケーションツールの変遷

社内でSNSツールを取り入れる本来踏まなければならない手順を省いたり、無駄を無くすことが出来るという利点がありますが勿論それだけには止まりません。 扱い方次第では更なるプラスの作用が見込まれます。 限りなくこのツールの恩恵を受ける為にもどういう利点があるのかしっかりと理解しておきたいですね。

業務用としてのSNS

時代の流れと共に技術はあらゆる分野で発展してきましたがSNSに関しても例外ではありません。
一昔前までは単なるコミュニケーションツールとして使われてきましたが現在ではビジネスツールとして多くの企業でも使われています。
これらは不特定多数の人間が見ることの出来るものであり宣伝などの対顧客用ツールとして用いるのが一般的ですが近年ではそれだけでなく社内の連絡手段としても使われるようになってきています。

ここで特筆すべきなのがSNSのチャットツール。
チャットと言えば見ず知らずの人間同士や友達同士でリアルタイムの会話を文字だけで楽しむという使い方で定着していると思いますが、最近では社内で業務用としてチャットを使うという企業が増えてきています。

既存のツールであるメールの場合、社内にいなければパソコンを使用することは出来ませんから外出時などは返信が出来ませんしやり取りが多ければ多い程、埋もれてしまう可能性もあります。
しかしチャットであれば場所を問わずに受信も送信も可能ですから少なくとも埋もれてしまうということはありません。

但し導入した企業が必ずしもこれらのチャットツールを活用出来ているかというとそうではありません。
業務効率向上を狙って導入したものの効果が出ているのか分からない、上手く活用出来ずに結局使わなくなってしまったなど理由は様々。
導入することによって得られるメリットや導入する目的を明確にしておかなければ最大限の恩恵を受けることは難しいでしょう。

従来通りの役割

チャットツール導入は業務効率向上だけでなく従来のコミュニケーションツールとしての役割も十分に果たしてくれます。 会社の規模が大きければ大きいほどこの効果も大きくなりますが会社の規模が小さいからと言ってチャットツールを使えないわけではありません。

導入する上での注意点

企業がSNSを導入することで多方面からの恩恵が期待出来ますがそれはあくまでも活用出来ればの話。 最も見合ったものを選ばなければ習慣化する前に廃れてしまうのは必至。 どうすれば導入後、継続して活用を続けることが出来るのか考えていかなければなりません。

TOPへ戻る