SNSを成長の補助として活用する為に

コミュニケーションツールの変遷

チャットツールによる業務効率向上

社内でSNS、特に近年で扱う企業も増えているチャットツールを使うことで業務の効率化が図れます。

何かを企画する際、メールであればやり取りを行っている当事者間でしか情報のやり取り、流れが掴む事が出来ません。
その企画へ途中から参加する人がいれば一から説明し直さなければなりませんし、後でその他のメンバーにも共有となると二度手間になってしまいます。

ここでツールをメールからグループチャットに移行したと仮定してみましょう。
話にリアルタイムで参加していなくともログを見れば流れが分かりますから質問をする無駄も説明する手間も省けます。
マルチデバイス対応の為、社内でのパソコンでしか使用出来ないということもなくなり社外からの参加も可能にしてくれます。

様々な機能を使いこなす

チャットツールにはただチャットをする機能だけでなく企業向けとあって様々な機能を使うことが出来ます。
これらを使いこなせるかどうかで業務効率向上の幅が広がると言って良いでしょう。

音声通話やビデオ通話は今時のツールであればほぼついている機能ですが後者に関しては顔を合わせなくとも会議の場としてプレゼンを行う場面で使うことも出来ますし言葉だけでは伝わらない相手の表情を読み取ることも出来ます。

また、チャットというのはログが増えれば増えるほど読み返すのが大変になってしまいますが重要なログなどを上部に固定するピン止めという機能を使うことで優先事項となっている内容を見落とさずに済みます。

基本的にこれらに難しい操作はいりませんので誰でも簡単に行うことが出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る